ポチ子とモモ松のまったり日記

テンションの低いポチ子のまったりした日々とそれに便乗する飼い主の日記。

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

めしどき


寝もいんだけど、

P1050654.jpg
飯を食べずして寝れるものか!

P1050656.jpg
最近、ごはんの用意をしていると、近くまできて
座るか伏せして待ってるリンダ。

あの事件後からごはんの用意をしだすと
自分のベッドに引きこもっていたのにな~。
ちょっとうれしい。いや、だいぶんうれしい。




今日はもうちょっとお付き合いくだされ。
ただし、ダダ漏れ状態の長文なので、やめるなら今です。


ミニチュアダックス2頭がひどい傷を負ったまま
放置されていたという記事を
「漫画家の犬たち」というブログとある団体のブログ「とびらの向こうへ」で読んだ。
※内容が内容なだけに、リンク申請をしているのだが、まだお返事もらえてないので、直リンクは避けます。
が、「漫画家~」は非常に有名なブログなのでご存じの方も多いかと。
※31日時点で「とびらの~」さんにはリンクのご許可をいただきました。


記事によると、この犬たちはたいへんな暴力をうけているようだ。
しかし、どうも人間不信にはなっていないという。
レスキューした団体代表さんのメッセージには
「推測だが(中略)可愛がられていたのだろう」とある。

この記事を読んだモモ松は
「自分は暴力を振るわないという絶対的確証があるか?」
というものすごい不安感に襲われた。

読んでからブログに書くのにずいぶん時間がかかったのも
そのためだ。なにしろいまだに不安だ。


話はだいぶんそれるが
友人から借りた立川談春の落語CDに
「文七元結」という噺があった。

ざっくりとした内容はこうだ。

酒とばくちで50両の借金を抱える左官屋・長兵衛が
50両の金をなくした(と思い込んでいる)文七の身投げを思いとどまらせて、
でめたしでめたしというもの。

いくらなんでもざっくりしすぎだ。
でも、本記事とは直接関係ないのでこのくらいで。

もう、すでに10回ぐらいは聞いてるんだが
記事を読んだ後もたまたま聞いた。

文七の身投げをどうやっても思いとどまらせようと
長兵衛は必死に説得する。
そのなかに

「死んじゃいけねんだよ、なんだかわかんないけど」

というのがある。

初めて聞いたわけじゃないのに
このときすこーんとこの台詞が頭に入ってきた。
なんだかわかんないけど、不安なんだけど
だめなものはだめなんだと改めて気がついた。

気がついたんだが、じゃあ具体的にどうすりゃいいの?
ってことになる。

そしてもうひとつ記事を読んで思ったことがある。
暴力を振るったのが可愛がっていた人と同一なのか別人なのか
定かではないが、どちらにせよ、病気だったんじゃないか?
ということ。

病気ならば、対処のしようがある。そのためには

①だれかに気づいてもらう。
まあ、この場合はziziiだろう。
もしくは、読んでくださっている人に
あれ?なんか最近ブログの内容おかしくね?
もしくは犬がでてこないんじゃね?と不審に思ってもらう。
理由もないのに更新が滞っている。←正気なら何かしら理由を書くはず…。

②即刻犬を避難させる。
そのための場所を見つけておく。

③即刻自分を病院に連れて行ってもらう。


②と③はziziiになんとかがんばってもらうしかないだろうが
①については、そのためにブログに書いた。

えーっと、今5度ぐらい気温下がりましたかね?
うむ、わかる。実際こんなこと他人に頼まれたら
モモ松、たぶん引く(おいおい)。

でも、書かずにおれない。
モモ松の見栄っ張りという性格上、
誰かの目があると思うだけで、むざむざそんな道を通らないのではと思ったから。
自分で言うのも情けない話だが、意外と効く方法だと思う。

ということで、そこのあなた!
今後もひとつよろしくです。



あ、それから、「文七元結」という噺は重たい噺じゃないですよ。
もう、散歩中とかに聞くと笑いをこらえるのにえらい大変。
たまに本当に声だして「わはは」とか笑っちゃうし。

スポンサーサイト

| 未分類 | 22:44 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。